〒350-1122 埼玉県川越市脇田町8-4

 tel 049-222-0874

営業時間10:00~19:00

水曜日定休

Copyright©メガネの信栄堂 クレアモール店

検査の方法

両眼視検査を行う為に使用する検査表はいくつかございますが、代表的な十字テストを使って検査方法をご紹介したいと思います。

十字視表

両目で見ると十字に見える十字視標ですが。

特殊なレンズ(偏光レンズ)を覗いて十字検査表を見てみましょう。

​偏光レンズを通して十字視標を見ると、

右眼の見え方。

左眼の見え方。

右眼は、縦棒だけが見えています。

​左眼は、横棒だけが見えています。

両眼視が上手く行われている場合

偏光レンズを通して見てもきちんと十字にみえています。

両眼視が上手く行われていない場合

上記のように、十字がズレてしまう方がいらっしゃいます。

こうした方は両眼視が上手に行われていない可能性があります。

目にも大きな負担が掛かってしまっています。

プリズム度数

両眼視力があまり良好でない方は、プリズムと呼ばれる度数を入れてあげることで両目でのダブりが軽減される可能性があります。

両眼視機能の向上を目的としたプリズム度数の採用は非常に有用なものなのですが、初めてプリズム度数を入れる方やお客様の年齢、ズレる方向(2重になる向き)により度数決定はとても繊細な作業となります。

検査には、検者の経験と検査のお時間も必要となってまいりますので、ぜひお時間に余裕のある時のご来店をお願いしております。

検査時間

両眼視検査は通常の視力検査の他に行われるものなので、最低でも20分ほど掛かってしまいます。

その後の装用テストなども含めると、できれば40分はお時間の余裕のあります時にご来店をお待ち申し上げております。