メガネを掛けた時に大きく曲がっていたりズリ落ちてしまっていたりすると、外観上の問題だけではなく見え方にも大きな影響が出てきます。


特に遠近両用などの場合、掛かり具合による見え方の影響は顕著に出てきます。

近くが見えづらかったり、物が歪んで見えてしまう事もございます。


メガネの掛かり具合が気になる場合には、早目にお求めになったメガネ眼鏡店にご相談してみてください。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/


「軽いメガネがいいです」

フレームをお求め頂く際に、多くのお客様が仰られるキーワードです。


メガネフレームをお選びになる際の条件はそれぞれですが、「軽さ」は多くの方に共通しています。


オーストリア生まれの「シルエット」のフチなしフレームは軽さと柔軟性も兼ね備えた、とても人気のあるメガネフレームです。


個人的にも大好きなフレームで、私は10年以上愛用しています。

一度だけ子供に踏まれてツルが折れてしまいましたが、ツルだけを交換し今も現役で使用しています。

10年の間には度数も変わりましたが、その度にレンズを入れ替えて使用しています。

気に入って頂いたフレームは(素材の亀裂や、金属疲労等が無ければ)レンズだけを交換し、長くお使い頂く事ができます。


皆様もぜひ一度、シルエットのフチなしメガネの良さを体感してくみてださい。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/

更新日:2021年10月19日


ここ20年ほど、フチなしメガネを見かけなくなりました。


フチなしメガネとは、レンズに穴を開けて固定している構造のメガネフレームです。

フチが無いので素顔に近く、軽いフレームも多いことから当店でも非常に人気があります。


しかし最近ではフレームメーカー自体があまりフチなしメガネを製造しなくなってしまいました。

なぜフチなしメガネを作らなくなってしまったのかをメーカーの営業さんに聞いたことがあります。

その方が仰るには、「眼鏡店でフチなしメガネを作る技術が無くなってきたから」とのことでした。


フチなしメガネを作るには技術が必要です。

レンズに開ける穴の位置は非常にシビアです。

お客様にお渡しした後のアフターケアも、フチがあるメガネに比べてより繊細な作業になってきます。

フレームメーカーがフチなしメガネを製造しても、諸々の理由により仕入れをしたがらないメガネ店さんが多くなってきたことがフチなしメガネを作らなくなった理由だと、その営業さんは言うのです。


ですがフチなしメガネを愛好される方が多いのも事実です。

個人的にもフチなしは好きで、「シルエット」を愛用しています。


当店でも数は多くはありませんがフチなしフレームを取り扱っております。

もしフチなしメガネをお探しの方は、ぜひ一度当店にもお立ち寄りください。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/