メガネの度数がどれぐらいの期間で変わってしまうのかは個人差があります。

一般的には3年から5年位が度数が変わる平均的な期間だと、肌感覚では感じています。


しかし成長期ぐらいの若年層の方や、老眼が始まりかけてきた40代の方は比較的度数が変化するのも早く、1年から2年位ぐらいで大きく変化してしまう場合も珍しくありません。


自分に合っていない度数のメガネを使い続けてしまうという事は、見え方が悪くなるばかりか眼に対しても良くありません。


見え方は悪くなくても見え方に気になる点がある方は、一度チェックされてみることをお勧めします。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/


国内メガネレンズメーカーの最大手であるHOYA社が、プラスチックレンズ素材である屈折率1.7の生産を中止すると発表しました。


屈折率が高いほどメガネのレンズは薄く出来上がりますが、透明度が落ちたり耐久性が弱くなったりという問題も生じます。

もともと当店では1.7素材をあまり評価していなかったので販売はしておりませんでしたが、1.7素材商品を生産中止にするという流れは、HOYA社に限らずメガネ業界で広がっていく流れと考えます。


ついでに申し上げると当店では屈折率1.56素材のレンズも販売しておりません。

当店なりに考えて、1.56には問題があるのではないかと考えた結果、20年以上前に取り扱いを中止しました。


レンズ屈折率は、1.6、1.67、1.74でお求め頂くことを当店ではお勧めしております。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/


先日行われた、日本眼鏡技術者協会で行われた生涯教育の試験結果が返却されてきました。


満点でした!


基本的な問題ばかりとはいえ、100点は嬉しいものです。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/