0.01ミリの精度


メガネレンズをご注文頂いた場合、一般的にはメガネ店の店員さんが大きなレンズを削って眼鏡フレームに入れるという加工を行っています。


そうしたレンズの加工の中で、フチなしフレームの加工はとても気を使います。

フチなしフレームとは、レンズに穴を開けてフレームと固定しているタイプのものです。


フチなしフレームの場合、穴を開ける位置が大変重要になってきます。

穴の位置が少しズレただけで、ガタつき等の原因となってしまうからです。


当店が1年前に導入した加工機では、0.01ミリ単位で指定した位置に穴を開ける事が可能になりました。

今までは人間の手でドリルを使い穴を開けていましたが、それに比べてより短時間に、より正確に穴を開けることが出来るようになったのです。


とは言え、全ての作業を機械任せに出来る訳ではありません。

必ず最後の仕上げは人間の手で行うことになります。


縁なしメガネは、作る際にも非常にデリケートなフレームとなります。

最近のメガネ業界においてフチなしフレームが少ないというのも、そうしたことが原因の1つになっているのかもしれません。

小江戸川越

クレアモール商店街にあるメガネ専門店


メガネの信栄堂 クレアモール店

住所:埼玉県川越市脇田町8-4

電話:049-222-0874

定休日:水曜日

SNS:Instagram

昭和3年創業のメガネ専門店です。

SS級認定眼鏡士が在籍するお店です。

「見える」と「見られる」にこだわったメガネをご提案します。



https://www.shineido.biz/