中間度数

最終更新: 2019年4月16日



「物が見える」というのはとても大切なことです。

それが「車の免許の試験」ということであれば、言うまでもないことでしょう。

普通免許であれば片目0.3、両目0.7というのが合格の基準となります。

裸眼だとそこまで見えていないという方は、メガネやコンタクトレンズなどで視力を補正しなくてはなりません。

メガネで視力を矯正する場合、レンズに度数を入れて作ります。

ただし度数というのは強ければなんでも良いという訳ではありません。

度数が強すぎると見えづらかったり、目が疲れてしまいます。

逆に度数が弱すぎると見え方はあまり良くありません。

通常のレンズの作り方であれば、度数は1段階ずつ強くしていくものなのですが、実はレンズメーカーによっては「中間度数」というものを作っている所もあります。

1段階の中間の度数、つまり通常の半分の度数を入れることにより、視力の見え方が微妙に変わってくることがあります。

免許合格の視力にギリギリ足らない人が、「中間度数」を用いる事によりなんとか合格できた!

という例も実際にございました。

お仕事や普段の移動の足として、車の免許は欠かせないという方は多いでしょう。

もし視力検査に不安があるという方は、ぜひ一度当店までご相談ください。

〒350-1122 埼玉県川越市脇田町8-4

 tel 049-222-0874

営業時間10:00~19:00

水曜日定休

Copyright©メガネの信栄堂 クレアモール店