フチなしメガネ

ここ20年ほど、フチなしメガネを見かけなくなりました。

フチなしメガネとは、レンズに穴を開けて固定している構造のメガネフレームです。フチが無いので素顔に近く、軽いフレームも多いことから当店でも非常に人気があります。

しかし最近ではフレームメーカー自体があまりフチなしメガネを製造しなくなってしまいました。なぜフチなしメガネを作らなくなってしまったのかをメーカーの営業さんに聞いたことがあります。その方が仰るには、「眼鏡店でフチなしメガネを作る技術が無くなってきたから」とのことでした。

フチなしメガネを作るには技術が必要です。レンズに開ける穴の位置は非常にシビアです。お客様にお渡しした後のアフターケアも、フチがあるメガネに比べてより繊細な作業になってきます。フレームメーカーがフチなしメガネを製造しても、諸々の理由により仕入れをしたがらないメガネ店さんが多くなってきたことがフチなしメガネを作らなくなった理由だと、その営業さんは言うのです。

ですがフチなしメガネを愛好される方が多いのも事実です。個人的にもフチなしは好きで、「シルエット」を愛用しています。
当店でも数は多くはありませんがフチなしフレームを取り扱っております。もしフチなしメガネをお探しの方は、ぜひ一度当店にもお立ち寄りください。

クリックして読める「目次」
閉じる